税務調査委でお悩みの経営者・経理の方へ税務調査ネット

お役立ちコラム

クレジット販売の場合の領収書

2021年01月08日

 

みなさんは現金派💸でしょうか?キャッシュレス派💳でしょうか?
Pay Pay、LINE Pay、交通系電子マネーやコンビニ独自の〇〇ペイなど、
世はまさにキャッシュレス時代に突入しています。
キャッシュレスの代表格といえば、やはりクレジットカード❕💳
クレジット、つまりは信用🤝で買い物👜ができるカードというわけですね。

さて、例えば、百貨店等でクレジットカードを利用して5万円以上の買い物をした際、
領収書に「印紙税法の規定により非課税」という文言が書いてあるのをご覧になったことはないでしょうか?
つまり、印紙税法の規定により、この領収書に印紙を貼付する必要はないのです。
領収書なのに?5万円以上なのに?

これはどういうことかというと…
クレジット販売の場合には、信用取引により商品を引き渡すものであり、
そこには金銭又は有価証券の受領事実がありません。
そのため、たとえ表題が「領収書」となっていても、
第17号の1文書(売上代金に係る金銭又は有価証券の受取書)には該当しないのです!

なお、クレジットカード利用の場合であっても、その旨を「領収書」に記載しないと
第17号の1文書に該当することになるので、領収書を交付する者はご注意ください。

 


お問い合わせフォーム
http://www.taxinspection.net/contact
受付時間:24時間365日

TEL:0120-14-4059
受付時間:8:00~20:00

税理士法人KAJIグループ      http://www.kaji-group.net
税務調査ネット        http://www.taxinspection.net
天満橋まごころ相続センター  http://www.osaka-souzokuhelp.com
大阪会社設立ネット      http://www.osaka-kaishaseturitu.net

認定支援機関 補助金

経営力向上計画・資金調達支援 http://ninteishien-kaji.net/


本稿は掲載時におけるに情報に基づいて執筆し、あくまでも参考情報の提供を目的としております。ご提供する情報に基づいて行為をされる場合には、必ず個別の事案に沿った具体的な法的助言を依頼されることをお勧め致します。