税務調査委でお悩みの経営者・経理の方へ税務調査ネット

お役立ちコラム

設立日で節税!

2020年11月13日

 

 

みなさん誕生日はいつもどうお過ごしでしょうか?
自分へのご褒美を買ったり、いつもよりちょっと贅沢に、なんて方もいらっしゃるのではないでしょうか?

でも、法人だったらわざわざ税金を多く払うなんてしたくないですよね。
法人の誕生日、つまり設立日で税金(都道府県民税均等割・市民税均等割)を減らす方法があるんです!

それは1日を避ける」、これだけです!
均等割の算定月数は、暦に従って計算し、1月未満の端数日数切り捨てるというルールがあります。
(切り捨てた結果0月となる場合は切り上げ、月割税額計算の結果生じた100円未満の端数は切り捨て)

たとえば、大阪市内で3月決算法人を4/1に設立した場合、たとえ赤字でも
法人府民税20,000円と法人市民税50,000円の計70,000円が発生します。

しかし、大阪市内で3月決算法人を4/2に設立した場合、
1月未満の端数日数が切り捨てられるため11ヶ月として計算されます。
つまり、法人府民税は18,300円と法人市民税45,800円の計64,100円が発生することになります。

このように法人の誕生日1日ずらすだけで、5,900円の節税を図ることができるんです!
とはいえ、1日設立にこだわりを持つ社長も多くいらっしゃることでしょう。
どちらが正解というわけではありません。
「小事に拘りて大事を忘るな」ということわざがあります。
法人設立後のビジョン実現に向けて、一歩ずつ歩んでいきましょう!

 


お問い合わせフォーム
http://www.taxinspection.net/contact
受付時間:24時間365日

TEL:0120-14-4059
受付時間:8:00~20:00

税理士法人KAJIグループ     http://www.kaji-group.net
税務調査ネット         http://www.taxinspection.net
天満橋まごころ相続センター  http://www.osaka-souzokuhelp.com
大阪会社設立ネット       http://www.osaka-kaishaseturitu.net

認定支援機関 補助金

経営力向上計画・資金調達支援 http://ninteishien-kaji.net/


本稿は掲載時におけるに情報に基づいて執筆し、あくまでも参考情報の提供を目的としております。ご提供する情報に基づいて行為をされる場合には、必ず個別の事案に沿った具体的な法的助言を依頼されることをお勧め致します。